遺跡の町(仮称)・騎士団庁舎(建築中)08 2階・間取り図 モバイル版 お気に入り画像登録
遺跡の町(仮称)・騎士団庁舎(建築中)08 2階・間取り図

登録 タグ *そして今日も俺らは地平を目指す! *レガ子と旅する異世界ドライブ *小説家になろう *せっけい倶楽部
編集を行うにはログインしてください

投稿日時
2018-04-28 16:59:55

投稿者
プロフィール画像
かむっ

このユーザのマイページへ

お気に入りユーザ登録
投稿者コメント
「小説家になろう」で自分が連載執筆中のラノベ『そして今日も俺らは地平を目指す! ~レガ子と旅する異世界ドライブ~』にそのうち登場予定の建物を、住宅間取ソフトで考案中です。
(そのため、まだ図面が作成途中のものになります)


これは、第2章のラストで建設が始まった遺跡の町(仮称)に建てられる、騎士団の駐屯施設です。

建物の左側は、騎士らが使用する馬を飼育するための馬屋になっています。(馬屋の上の2階部分は吹き抜けにしています)


2階の建物内部は、まだほとんどが未完成のままですが、前回UPした間取り図よりも進展があったため再アップしています。



馬屋の上に当たる部分は、中央の吹き抜け部分と、その壁側部分に窓の開け閉めを行うための通路を設定しています。
実はこの通路、和室に使うパーツの〝板間〟を使用し、壁を漆喰ではなく板張りにし、吹き抜け側に〝腰壁〟を配置して作っています。

左端上の部屋は、1階の重要品保管庫からの専用階段でしか入ることが出来ない部屋になります。
ここにも1階の保管庫同様に、保管用の棚が並べられています。

すでに家具が配置してある左側下の2部屋は、宿直担当の騎士らが寝泊まりする仮眠室となります。
ちなみに1部屋で中隊一つ分が寝られるよう、2段ベッドが配置されています。
(1小隊:4人、1中隊:12人、1大隊(1騎士団):60~70人)

その他の部屋は、まだ設計途中です。


2階部分も内装は、基本的に板床、板壁、板天井の木造です。


ちなみに窓ですが、実はガラスのように見えてガラスではない素材で作られていることになっています(魔物ベースの素材)。
このガラスもどきの製造方法については、第3章のスタート時に説明を入れる予定です。



使用したソフトは、無料の住宅間取ソフト「せっけい倶楽部」を使用しました。

デフォルト設定のまま間取りを作ってしまうと現在建築になってしましますが、内装や外壁材などの設定を工夫すると、木材建築の古い建物っぽいものもデザインできます(苦笑)。

せっけい倶楽部オフィシャルページ
http://www.houtec.co.jp/club/
→画像情報ページへ
最大化 | アクセス解析 | ユーザ情報

メッセージ送信
▽この画像のURL(リンクについて)▽


▽この画像のトラックバックURL▽(トラックバックについて)


情報提供